オリジナル家具開発レポート

ナチュラルウッド編

サロンオーナー様の半数はメーカーの既製品や家具屋さんの既製品を購入して設置しています。また、もう半分のオーナー様は内装業者や大工さんに作ってもらうパターンですが、イメージがなかなか伝わらず、最終的に妥協して使用しているケースが多く見受けられます。サロンマーケットはその問題を解決します。
世の中に出ていない一品を製作し、オーナーの個性と、お店のチャームポイントとして、打ち出すプロセスとは・・・今回はナチュラルウッドを取り入れたコーディネートのレポートです。

木のぬくもりを感じるサロンづくり。そのコンセプトとは?

今回のオーナー様は、ご夫婦で独立して開業するにあたって、サロンマーケットショールームにお二人揃っていらして下さいました。

お店には自然の中で悠然とそびえる木の優しさ、ぬくもりを感じるよう素材に木を贅沢に使い、お客様に自然の中でくつろいでサロン空間を楽しんで頂けることが一番のご希望でいらっしゃいました。

普段目にしている植物、テーブル、イス、置物、etc・・・とりわけ木の持ち味、ぬくもり、微妙な曲線、木目、木の節等、目で癒されるような雰囲気を演出するというコンセプトです。

素材の美しさを最大限に引き出すトータルコーディネートを。

コンセプトが決まってからはスムーズ。サロンマーケットにある商品やサンプルをくまなくご覧頂いて、素材の美しさを一番に活かす為、節や年輪も出来るだけそのままにナチュラルウッドをメインに使う事が決まりました。

しかしここで課題が浮上しました。オーナー様のご意向は木の素材を見せる事。ナチュラルウッドのミラーやシェルフをご用意することは難しくありません。ご要望のサイズをヒアリングし、特注でご用意させて頂きました。
ただ果たしてそれだけでご満足いただけるでしょうか。

水回りには、木製の素材を使えない!その常識を打ち破るために・・・

一般的に水回りのシャンプーキャビネットに木製の素材を使用することはありません。理由は耐久性に欠け、水が浸透し腐食してしまうからです。従って水回りで木を使用するのはあまり賛成しないのが普通ですし、オーナー様も木と水の相性が悪いのは知っていましたので、一度は事情を説明し妥協案ですが、化粧版を使用することをご納得頂きました。 しかしサロンマーケットは元より私を頼ってオーダー頂いたお客様が、数年先にご自身のサロンを振り返って感動をしてもらえるかどうか、自問自答しました。そのご期待に応える為、固定観念を捨てあらゆる業者に相談しました。

そして、長年の製作パートナーが提案してくれた加工処理がトータルデザインの鍵になりました。パートナーにはオーナー様の思いとそれにお応えする私の気持ちを伝え、ミラー、シェルフ、ワゴン、シャンプーキャビネットと、トータルでナチュラルウッドを用いたサロンづくりをご提案できるようになりました。

導入されたサロンのオーナー様より

サロンマーケットさんにお願いした決め手はご担当の方の人柄です。押し売りするわけでもなく、ゆっくり時間をかけて聞いてくれたので、安心できました。
話をする中で事情を聞き、最初はトータルで揃えるのは難しい、しょうがないという気持ちで諦めていました。しかし、もやもやと引っかかるような思いがあったのは正直な気持ちです。後ろ髪をひかれたような気持ちで、オープンに向け動いていたら、サロンマーケットさんからお電話を頂き、ご提案下さいました。諦めず一生懸命探してくれていたことが何より嬉しかったです。
おかげでトータル的に同じ素材でサロンの内装を仕上げる事ができ、サロンマーケットさんにお願いして良かったと思いました。大変感謝しています。

サロン家具のオーダーメイド・カスタマイズサービスに関して
レジカウンターのオーダーメイド実例
レジカウンターのエイジング加工・カスタマイズ
ナチュラルウッドのオーダーメイド実例

オーダーメイドサービス

カテゴリから探す

グループから探す