美容室・理容室の開業までの流れ

このページでは、理美容室・サロンが開業するまでの全ての流れと手順を、開業成功の為に必ず抑えておきたい要点・ポイント・アドバイスを交えて分かりやすくご説明しております。

  • 開業までの具体的な流れを知りたい
  • 開業したいけど何をすればいいか手順が分からない
  • 開業の為に必要な準備が何か分からない
  • 開業資金の調達の方法が分からない
  • 事業計画書の書き方が分からない
  • 保健所への届け出の仕方が分からない

などでお悩みの方は、まずはこのページの内容をご一読ください。

※それぞれの項目をクリックすると詳細が開きます。

STEP1.テナント・物件選定

「美容室の成功の70%は不動産選定時に決まる」とも言われています。その理由を考えてみると一度選ぶと変更が簡単に出来ない。初期費用・月額ともに非常に高い為と考えられます。

また、安易に物件を選んだ結果、立地や土地等条件は良好だったが、設備が整っていない為に高額な工事費用が発生した等のケースもしばしば発生します。物件選定を誤ってしまいますと様々な弊害があるので注意が必要です。

不動産情報と物件・テナント検索のご案内はこちら

テナント(居抜き・スケルトン)

一般的に『スケルトン』と『居抜き』という表現は、共に店舗物件の内装状態を表します。『スケルトン』とは、建物躯体のみの状態を表すことが多く、店舗の内装設備が無い状態を言います。『居抜き』とは、店舗の内装設備が残っている状態を表すことが多く、店舗の内装設備がある状態を言います。

又、『スケルトン』と『居抜き』の違いは、上記の通りですが、特徴としては、一般的に『スケルトン』については店舗内装設備を一から行うことから、開業までに時間がかかることが多く。『居抜き』については、以前の店舗内装設備が付帯することから、比較的早期で開業までの時間を短縮することが可能です。

ワンポイントアドバイス
「物件選び・条件交渉のこつとテナントの環境調査」

物件選びのこつ

サロンにとってはお客様であるターゲットのことを一番に考えなくてはいけません。既存客の住環境の近辺なのか?または視認しやすい場所なのか?もしくは非常にわかりやすく、交通の利便性が高い場所なのか?新規客も迷わずにお越し下さる場所か?いずれの課題も、より良い立地が良いにきまっていますが都内など密集地では、なかなかすべての条件を満たすことは困難です。ご自分の中で、100%ではなくともより高い可能性のあるテナントを探すことが重要です。

サロンマーケットでは、各エリアの多くの不動産業者との提携を可能にし、情報を収集致します。例えば神宮前エリアで20坪、セット面は6面、スタイリストは5名で開業したい。。など具体的なご要望を言って下されば、探し出すキーワードが見つかります

テナントの環境調査について

内外装工事を行う際、借りる時の状態により工事費用がかなり上下致します。例えば、水道がテナント内にない。。ガス栓がない。。電力容量が小さい。。などの状況の場合、リカバリーすべく工事費用がかさむ恐れがあります。

サロンマーケットでは、立地選定のお手伝いをしながら、実際借りたいとお考えのテナントに同行して、テナントの設備環境を調査します。それにより、借りる時のリスクマネジメントを事前に行い、御見積を算出し、テナント選定の重要な条件をオーナーと一緒に考察することができます。

物件を借りる際の条件交渉

借りる側としては、もっとも整っている状態で、安いコストで借りたいと考えます。また貸す側は状況によりますが、かなりの人気物件は別として、空室状況が長いと早く借りて頂きたいため、条件を緩和して頂くケースがあり、入居希望者の条件交渉を受け入れてくださる場合があります。 入居者が直接申し入れをするのが基本ですが、保証金・家賃を下げて頂く要望や、ガスメーター設置・残置物の撤去など交渉材料の提案のお手伝いをさせて頂きます。

STEP2.内外装デザインの提案

内装デザインは集客アップにつながる重要なポイントとなります。お客様の目線で考え、空間の見せ方・演出することが大前提の上で、お客様・技術者共にストレスの無い効率的な導線が売り上げにも直結します。

弊社では、リアルでハイクオリティなイメージパースを作成して店舗の内装デザインをご提案することで、施工後の店内のイメージや雰囲気を事前にリアルに感じて頂くことも可能です。

店舗イメージのご提案例(カラー専門店様)

ワンポイントアドバイス
サロンマーケットからのご提案!

お客様の希望、及びイメージを出来る限りヒアリングし、コストを考慮した上でイメージをされているデザインに機能面や付加価値を加えるデザイン性を提案し、一緒にお店作りをしていきます。

例えば、本物の木を床材として使用したいとのご要望がありますが、木は水分を吸収したり、乾燥したりと当初は隙間もなくぴったりくっついていたものが隙間が出てきたり、割れてくるのなどメンテナンスが大変になります。その様な場合は、本物に近い木目調の塩ビタイルなどを提案し、デザインのご要望とメンテナンス面を鑑みて最善の方法をお薦めしています。

店舗デザイン・CGレイアウト作成

店舗デザインと施工の実績集

STEP3.理美容器具・設備機材の提案

最近の流行を敏感に取り入れ、ご予算に沿った新品・中古商品選びを心掛けています。また、してバランスのとれたサロン空間を演出するオリジナルオーダー家具の製作も喜んで承ります。

お得な中古理美容器具の選び方を弊社販売サイトでご案内しています。

ワンポイントアドバイス
サロンマーケットからのご提案!

トータルコスト、工事、運転資金を考慮し、中古商品と新品商品をおりまぜ、ご予算の中でまとめられるようご提案しております。中古のイスなどは貼り替え、促進機などは塗装も承っておりますので、新品同様な商品で、揃える事も可能です。さらにどうしても欲しい商品などは協力店や取引先等のネットワークを駆使し、お探ししするサービスもしております。

もちろん中古商品に関してはオーバーホール、点検、清掃して安心してご使用いただけるように万全の体制を整えております。器具はリース、ローンともにご利用できますので、手元に現金を残されたい場合や予算オーバーだけどどうしても欲しい商品などがあった場合に活用いただき、月々の経費として捻出していく方法も検討頂いております。

STEP4.資金調達・事業計画書作成

金融公庫や自治体の開業融資制度を利用する場合は、開業資金のうち10分の1程度の自己資金が必要と言われています。自己資金がまったくないと融資を受けることもできません。資金は、数ヶ月分の運転資金をまかなえる金額を調達しておきましょう。

資金調達・融資のご相談について

開業・内装等にいくらかかり、融資でいくら借りられるのか。どこに出店しメニュー単価をいくらにするべきか。安定経営をする上での指標となるものが計画書です。

コンセプト作成

何故、開業したいのか。どのようなお店にしたいのか。どのようなメニューを展開したいのか。どのような将来像を描いているのか。これらの事を人に説明できる迄に仕上げるのが理想です。

収支計画書

希望的観測だけでなく、発展性を持って妥当な見きわめのうえに組み立てられていることが大事です。 家賃、人件費、減価償却費の固定費用をカバー、売上に伴って発生する経費を差引き、利益がでるために必要な売上額をシミュレーションします。これが損益分岐点となり、そこからマックスの売上限界点に向けて収支計画を試算。 開業当初から売上のベースとなる見込客の人数と客単価の適正な設定は大事です。

職務経歴書

接客能力やホスピタリティ精神の有無・技術力PR。技術を修得するためににどう取り組んできたか、お客様からの具体的なお褒めの言葉などを記載すると好印象です。 さらに「美」のトレンドなどに対して意識の高いことを伝えること。

ターゲット顧客の設定

起業をする際に成功が期待できる事業とは、自分が「やりたいこと」「できること」とお客様から「求められていること」が共通している事業と言われます。その中でも、事業の方向性を明確にする必要があり、キーワードとして「誰に」「何を」「どのように」提供するのかをしっかりと考えなくてはなりません。

ワンポイントアドバイス
「高確率で融資を受けるための事業計画書の書き方」

物件選定が決まったら、次のステップである、事業計画書を作成致します。
資金調達にも深く関わってくるもので、これを念入りに作成することにより、経営者としての一歩が始まると言えます。考え方は実にシンプルです。

  • 開業するまでに費用はいくらかかるのか?
  • 資金をどのように調達するのか?
  • 返済できる計画作りが出来るか?
  • 人材・広告・メニュー構成を考え売上の具体的な計画を作りだせるか?

等があげられます。
勿論予測通りに行かないかもしれない時もあるでしょう。しかし具体的な計画を作り、一つ一つを目標を持って実行する事が重要です。

事業計画書の書き方

以下のPDFが事業計画書(創業計画書)の実際の様式フォーマットです。

事業計画書(PDF)用紙ダウンロード

事業計画書(創業計画書)の実際のひな形をご覧いただきながら、記述例の見本などを交えつつ、各項目・要素の記述のコツや正しい書き方を詳しくご説明致します。

1.創業の動機

必ず面接の際、聞かれる質問の一つです。いつ頃から開業を考え、開業を計画したきっかけは何か目的を明確にしましょう。漠然とした内容ではなく、しっかりと自分の強い意志をアピールする為、簡潔かつ具体的な内容にし、面接時にきちんと答えられるようにしておきましょう。

2.経営者の略歴等

必ず面接の際、聞かれる質問の一つです。いつ頃から開業を考え、開業を計画したきっかけは何か目的を明確にしましょう。漠然とした内容ではなく、しっかりと自分の強い意志をアピールする為、簡潔かつ具体的な内容にし、面接時にきちんと答えられるようにしておきましょう。

3.取扱商品・サービス

開業されるエリアの競合店の情報を調べておくと、自身のお店との比較し、差別化を図る事ができます。価格、メニュー、お客様へのサービスなど他店とどのように違いがあるかを伝え、近隣に同業者がいても負けない経営の方法を考えていると伝わるようにしましょう。(例えば、○○サロンの店長歴何年、マンツーマンで最初から最後まで親切丁寧な接客、最新技術の提案、年配の方送迎します等)

売上シェアは主なメニューを元に平均単価をだし、月の売上を予測する上で必要になります。
仮にカット料金 5,000円、パーマ料金 9,000円、カラー料金7,000円とすると
5,000円+9,000円+7,000円÷3=7,000円(平均単価)

■売上シェア
カット40%、パーマ30%、カラー30%
平均単価×平均来店人数×1ケ月稼働日数=月間売上
7,000円×5人×25日=875,000円
カット 40% 350,000円
パーマ 30% 262,500円
カラー 30% 262,500円

4.取引先・取引関係等

主となる取引先のディーラー様、化粧品メーカー様

7.必要な資金と調達方法

店舗、内装工事、機械、備品、車両(送迎用)など(内訳)を最初に記入しましょう。 店舗内装費、図面、及びイスなどの見積書を添付し、実際にかかる費用が明確に報告できるように準備する必要があります。相手は面接を何千件もしているプロです。相場は心得ていますので見積もきちんと各業者に依頼しましょう。

運転資金について、一般的に黒字化するまでの平均期間として約5ヶ月と統計で出ております。その為、余力があれば半年分、最低でも3ケ月分の運転資金があった方がいいと言われております。

また、新聞折り込み、チラシ、WEB広告費、HP作成費なども入れ忘れないようにしましょう。

■資金調達の方法
自己資金はかかる費用の最低1/10は用意しておかなければなりません。
通帳を見せるパターンが圧倒的に多い為、お給料が入り、公共料金の引き落としなどが一目でわかる通帳を用意する必要があります。突然何百万と自己資金として入金になっている通帳は非常に印象を悪くするのでやめましょう。
また、必要な資金と調達の方法の合計は必ず同額にならなければなりません。いかに計画的に貯蓄し、開業を考えていたかを面接官は見て、信用に足る人物か判断したいと考えています。

8.事業の見通し

3.で記載した損益計算で売上の見通しを計画します。ここでは借り入れる金額に対し返済能否の計画ですので慎重に行きましょう。売上高、原価、経費も根拠を持って明確にし、初めて見る方でも納得がいくように記入します。

■事業の見通しの記述例
<創業当初>
現在働いているお店の商圏で新規開業します。現在働いているオーナーからも後押しされ自分の顧客へのアプローチも認めて貰っております(約200人)。料金も現在働いている所と変えません。毎日平均5人の施術をこなしております。
平均単価×1日平均来店人数×月稼働日数=(月間売上)開業当初予測は約7割来店予想
家賃、商品仕入れ約10%、水道光熱費、公庫返済金

<軌道に乗った後>
15%UP(新規顧客、既存顧客再店)
平均単価変らず×1日平均来店人数15%UP×月稼働日数25日=月間売上15%アップ
家賃、商品仕入れ売上金額の約10%、水道光熱費増、スタッフ1名給料1名 公庫返済金

STEP5.工事着工・取付・引き渡し

コンセプトに適したテナントを選び、テナント契約を結びます。ただし、融資が必要な場合は、仮契約にし、融資の許可が下りたときに、本契約を結びましょう。融資が確定しないうちに本契約を結ぶと、大きな損失を被ることがあります。通常、契約から1〜3ヶ月後に、工事は完成いたします。

ワンポイントアドバイス
サロンマーケットからのご提案!

商品を売りっぱなしにするのではなく、サロンマーケットの得意とする取付も行っております。

設備業者様や大工さんでは難しい機器の設置などは弊社スタッフで行えます。その為、現場での打合せ等で、必要な下地の場所やサイズの指示、サロンワークをスムーズに行えるよう使い勝手を考えたアドバイスができます。

他にも持ち込みの材料を加工したり、オリジナルオーダー家具を製作してバランスのとれたサロン空間を演出するお手伝いもしています。

徐々にでき上ってくると、頭で考えていたイメージが形になっていき、棚や、照明器具、コンセント数の増設など、平面では分りづらかった事も見えてきて追加工事が発生します。そこでサロンマーケットでは業者と交渉したり、物理的に今から追加可能かどうかを確認し、イレギュラーな場合でも対処できるよう現場管理しております。

STEP6.保健所審査手続き・立ち合い

美容室開業の法的な手続きには、保健所・税務署・市区町村などへの届け出の義務が美容師法などで定められています。「美容所開設届出書」は美容室を開設する際に必要となる書類です。この「美容所開設届出書」を含め提出が必要な書類として、以下の4点(場合によっては最大で7点)が挙げられます。

保健所開設申請の際に必要となる書類

  • 美容所・理容所開設届出書(管轄する自治体のHPからダウンロード可能です。)
  • 美容室の内装や構造を明確に記載した平面図(付近の見取り図)
  • 開業する美容室に勤める美容師の免許又は、美容師免許の証明書の写し
  • 在籍する美容師に結核や皮膚疾患といった疫病の有無に関する医師の診断書
  • 外国人登録証明書
    ※開設者が外国人である場合
  • 管理美容師の資格を証明する書面(管理美容師講習会終了証)
    ※常に2人以上の美容師が在籍する美容室を開業する場合
  • 会社の登記簿謄本
    ※開設者が法人の場合

ワンポイントアドバイス
サロンマーケットからのご提案!

保健所検査の際にはセット面1面に対し消毒済みトレー、未消毒トレーを各1枚ずつ、タオル、コーム、シザー類は消毒した場合外気と遮断する必要があるので扉付の収納ケースが必要となり、消毒済みと記載したシールを貼って置きます。未消毒のものは扉などは必要ないがきちんと分るように、かごなどに未消毒と記載したシールを貼って衛生的にします。

万が一お客様を傷付けてしまった場合の応急処置ができるように救急箱(絆創膏、マキロン、包帯など)を準備します。手洗い用の石鹸を消毒室に1箇所、トイレに1箇所用意し、毛髪入れのごみ箱と一般ごみ用ごみ箱はいずれも蓋付でなければなりません。

コームやシザー類の消毒用エタノールも必要です。地域によっては紫外線消毒器が必要な場合がございます。消毒室、もしくはシンクのある所には必ず水切りかごを設けます。

ご希望がございましたら、地域にもよりますが、ご面倒な手続きを代行させて頂きます。
また、保健所の方がいらして検査をされる際には、ご不安でしたら一緒に立ち合い致しますので、お気軽にお申し付け下さい。

STEP7.集客サポート

ただオープンさせる事が目的ではありません。スムーズに集客する為、効果的な集客ツールを作る事でオーナー様やスタッフの方に代わり、お店の魅力を伝える広告物やHPを準備しましょう。

ロゴのデザイン作成

ロゴはサロンの顔になる重要な要素です。ロゴがあると、センスだけでな くお客様に安心感や信頼感も与えます。

名刺・ポイントカード・メンバーズカード作成

リピート率UPや新規顧客獲得の手段としておすすめしたいのが、ポイント カードやメンバーズカードの活用です。用途に合わせたカードをご提案させていただきます。

チラシ・リーフレットの製作・配布

地域の方にアピールするには、チラシを活用しましょう。新聞折込やポスティングの代行もお受けいたします。サロンのコンセプトや情報を詳しく伝えた場合は、リーフレットの作成が おすすめです。しっかりと情報を伝える事が、リピート率UPや固定客獲得のきっかけとなります。

ポスター・看板の製作

お店の入り口や店内にアピールしたい内容を気軽に掲示できるのがポスターの魅力です。必要に 応じてラミネート加工も承ります。サロンの前を通行している方には看板でアピール! 看板設置で飛び込みの新規顧客の獲得を狙います。

ホームページ作成

IT社会での効果的な販促手段としておすすめしたいのが、ホームページの作成です。企画、デザインはもちろん、管理、上位検索対策までトータルサポート致します。ブロ グや新着情報データベース等のシステム導入もお任せ下さい。

ワンポイントアドバイス
サロンマーケットからのご提案!

OPEN前にチラシや、DMを配布される方は多くいらっしゃいますが、オープン当初の来店予測に誤差があります。販促物を見て折角来店されたお客様をお断りしたり、長時間待たせてしまうなど、お客様を不快にさせてしまう事は絶対避けなければなりません。もしどうしても対応できない場合は後日来て頂いた場合の割引券なども用意しておくと良いでしょう。

サロンマーケットではロゴ作成やHP作成、チラシやDM、ポイントカード名刺等あらゆる問題を想定してサポートできる体制を整えています。

STEP8.オープン

おめでとうございます。ここからが本番です。

サロンマーケットではオープンさせることだけを目的としておりません。実際作業していく上で御不便な箇所があったり再度追加の工事を承る事がございます。サロンマーケットはサロン様と共に成長していくことを目指しておりますので、安定経営の為のご相談や、器具機械のアフターフォローやメンテナンスのご相談等、随時承っております。

これから一生のお付き合いとなりますよう、誠心誠意ご対応させて頂きますので、安心してお付き合い頂きたいと思います。地域に根付いて繁栄できますよう、共に頑張りましょう!!

中古理美容器具のお得なコスト削減法

メールでのお問合せ